廿TT

譬如水怙牛過窓櫺 頭角四蹄都過了 因甚麼尾巴過不得

倉橋由美子『スミヤキストQの冒険』が面白かった

今日の川柳

倉橋由美子『スミヤキストQの冒険』が面白かった。

変な小説なので、変な小説がすきな人にはおすすめです。

スミヤキストQの冒険 (講談社文芸文庫)

スミヤキストQの冒険 (講談社文芸文庫)

物語はどっかの島に主人公Qがたどり着くところからはじまる。

まず頭でっかちの少年みたいな文体が印象的。

たとえば主人公Qが自慰をする場面はこんな感じ。

ただ、密室内の一動物としてのQの行動をまったく外面的に観察すれば、それは単調にくりかえされるこっけいな動作からなっていて、生理学的には、興奮とそれにともなう脈拍増加、血圧上昇、発汗、局部の膨張と充血、脳波の奇妙な変化、などが観察されたはずである。(p.99)

これが小説内の出来事に薄皮を一枚かぶせたような効果を与え、読んでいるとぼくは大事なところに直接は触れられていないかのような不安を抱く。

そんななかときおりあらわれる「部屋には新鮮な酸味を持った果汁のような光があふれていた (p.52)」のようなフレッシュな比喩。ぼくはこれがすきだ。

そんな文章で描き出されるのは、島の住民の不思議な生態。キャラクターの心理よりも妖怪めいた外見的特徴や行動が記憶に残っている。

会話も不自然でテーマを直接語りあっているかのよう。

この小説のテーマと思われるものは(作者本人は否定しているが)主人公Qの持つスミヤキズムというマルクス主義のパロディーじみた思想に基づいた階級闘争である。

しかし、テーマを直接語りあっているかのよう会話のなかで、打倒すべき権力側にいる人達の言葉のほうが真実を捉えているかのように読めてしまう。Qの敗北がひしひしと予感されてぼくはさらに不安になる。

不安になる真実というのは、人類の歴史を階級闘争の歴史と捉えるQの思想の単なる敗北ではない。

そもそも歴史に意味なんてないんじゃないか。ただ生きているだけで、生きていることに意味なんかなくて、人を殺して煮て食おうが焼いて食おうが、本当はすべて許されるんじゃないかという不安である。

川村湊氏は解説の中で、ドン・キホーテは騎士道物語のパロディーだったが現代ではパロディーだけが生き残っているというようなことを述べている。

ぼくはドン・キホーテを読んだことないけど、今となっては勇敢で美しい騎士よりもドン・キホーテのほうが感情移入しやすいキャラクターなんじゃないだろうか。

60〜70年代の若者はこれを読んで「マルクス主義を愚弄している!」と憤慨したかもしれない。

その後の内ゲバやカウンター・カルチャーの敗北を知っている世代の若者はテロリズムの敗北を笑ったかもしれない。

いまの若者はおそらくそうした文脈から離れてこの小説を楽しめるだろう。

ぼくはQの革命の惨憺たる成功を見て、意味のない世界に意味を塗りつけようとするQの希望を、皮肉ぬきでこれがまさしく希望そのものだと思った。

あなたはどう思う?