廿TT

譬如水怙牛過窓櫺 頭角四蹄都過了 因甚麼尾巴過不得

2人用スペード(トランプゲーム)の遊び方

スペードはもともと4人で遊ぶトランプゲームですが、2人用のルールを紹介します。

Complete Rules of Spades for Two Players の説明を参照しています。

ブラックバイスクル

ブラックバイスクル

ジャンル

トリックテイキングゲーム:切り札あり、マストフォロー、ビッドあり

用意するもの

  • ジョーカーを除いた普通の52枚のトランプ
  • スコア記録用の紙とペン

カードの強さ

強い方から順に、A > K > Q > J > 10 > 9 > 8 > 7 > 6 > 5 > 4 > 3 > 2。

配り方

まずは普通にシャッフルして52枚すべてを山札として積む。最初のプレーヤーが一番上のカードを引いて自分だけ見る。そのカードが「いる」と思ったら手札として持つ。そして山札の次のカードを裏返したまま見ずに捨てる。

引いてきたカードが「いらない」と思ったらそのカードを裏返して捨てる。そして山札の次のカードを手札に加える。

二人目のプレーヤーも同じことをする。山札がなくなるまで交互にこれを繰り返す。最終的には手札がそれぞれ13枚ずつ、捨てられた札が26枚になる

ビッド

最後のカードを引いたプレーヤーから順に何トリック(「トリック」の意味は後述)取れるか宣言する。ビッドは0 (ニル)から13まで自由。

プレイ

最後のカードを引いたプレーヤーが最初にカードを出す(リードする)。

手札がスペードしかない場合を除いて、最初はスペードをリードすることができない。一度スペードが出たらそれ以降はスペードでリードして構わない。

次のプレーヤーはリードされたマークと同じマークの札を持っていたら、必ず同じマークの札を出さなければいけない。同じマークの札がない場合、何を出しても良い。スペードを出しても良い。こうして一度スペードが出て以降のトリックでは、スペードでリードしても構わない。

こうしてお互いにカードを一枚づつ出し合う一巡をトリックと呼ぶ。

基本的にはリードされたマークと同じマークで強い札を出した方がそのトリックに勝つ。スペードが出された場合はスペードを出した方がトリックに勝つ。どちらもスペードだったらやはりより強い札を出した方が勝つ。

トリックに勝った方は、出された札を自分の前に置いて、どっちが何トリック取っているのかわかるようにする。

トリックに勝った方が次のトリックをリードする。これを繰り返す。

得点

  • 宣言したトリックと取ったトリックが同じだった場合:獲得したトリック×10ポイントプラス
  • 取ったトリックが宣言したトリックを下回った場合:宣言したトリック×10ポイントマイナス
  • 取ったトリックが宣言したトリックを上回った場合:宣言したトリック×10ポイント(ただし超過分はサンドバッグ(後述)になる)
  • ニルを宣言した場合:獲得トリックが0だったら100ポイントプラス、一回でもトリックを取ってしまったら100ポイントマイナス

サンドバッグ

サンドバッグが10個を超えた場合、一気に100ポイントマイナスになる

例)
一回目:ビッド 4、獲得7 → 40ポイント(サンドバッグ3)
二回目:ビッド 3、獲得6 → 40+30ポイント(サンドバッグ3+3)
三回目:ビッド 4、獲得 9 → 40+30+40ポイント(サンドバッグ3+3+5)→サンドバッグが10を超えたので100ポイントマイナス。累計得点は40+30+40-100=10ポイント。サンドバッグはリセットされて 0 になる。

終了

上記を何回か繰り返して、先に500ポイント獲得した方を勝ちとする場合が多いようだが、これは適当で構わないと思う。何回かやって、得点の多い方が勝ち。

オプションルール

ダブルニル(ブラインドニル):手札が一切配られる前にニルを宣言することができる。成功なら200ポイントプラス、失敗したら200ポイントマイナス。

トランプゲーム大全

トランプゲーム大全