読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廿TT

譬如水怙牛過窓櫺 頭角四蹄都過了 因甚麼尾巴過不得

サイエンスコミュニケーションのためのソーシャルバズ(炎上)マーケティング入門

技術系、科学系のブログを書いてるみなさん、特にはてなブログをお使いのみなさん、
「技術的、科学的にまちがったこと書いてたら叱ってほしいのに、フィードバックあまり得られない。一方たまに愚痴みたいなこと書くと突然お説教おじさんがあらわれる」
とお悩みではありませんか?

実はソーシャルメディアにおける記事の拡散には起承転結があります。

  • 起:わかってる人
  • 承:親切おじさん
  • 転:地獄のミサワ
  • 結:わりと素直


「起」はふだんからブログを見に来てくれていて、問題意識とかをちゃんと理解してくれている人です。この層が最初にあなたの愚痴みたいな記事をおもしろがって拡散しはじめます。大切にしましょう。


「承」の親切おじさんは、あなたに対して一言物申したい人です。技術的、科学的な話をしたいのではなく人生相談にのってあげたい層です。暖かく見守りましょう。


「承」の親切おじさんたちがはてなブックマークツイッターであなたの記事を拡散しはじめると、次に来るのは「転」です。いわゆる「リテラシーの高い」層です。「あー いまこんなのが話題になってるのかー おれこれ知ってたわー 10年前から知ってたわー」とか、あるいは「はい主観的なだけで定量的じゃないポエムだね。この人視野がせまいのかな?」とかコメントします。(主観的なだけで中身のない文章をポエムと呼んで罵倒するのは現代詩やってる人に失礼だとは思うのですが)やはり暖かく見守りましょう。


「転」の地獄のミサワ層が拡散し始めるとやっと「わりと素直」層に記事が届きます。この層はいわゆる「一般層」というやつです。あなたのエントリの文脈をそれなりに汲んだ上でコメントをくれます。ここまで到達したら成功です。この層は話しかけてもわりと大丈夫です。ふつうにフィードバックをくれることが多いです。


繰り返しますが、「結」の「わりと素直」層にブログを読んでもらうことがあなたにとっての成功です。

そのためには炎上を恐れてはいけません。

炎上を回避するよりは定期的に炎上させて慣れちゃったほうがかんたんです。

ガンガン政治や宗教の話をしていきましょう。

多少コメント欄が荒れても問題なし。荒れた分だけ拡散され、SEO対策にもなります。

ではみなさん、楽しいサイエンス・コミュニケーションをしましょう。


参考文献: