読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廿TT

譬如水怙牛過窓櫺 頭角四蹄都過了 因甚麼尾巴過不得

オールタイムベストおすすめ娯楽映画ランキング発表&総まくりレビュー!

まとめブログ

映画

アマゾンアフィリエイト貼りまくってるけどなかなかお金にならない。

専門書はそんなバカスカ売れるもんじゃない。

漫画はけっこうレッドオーシャンなのか、ぜんぜんうれない。

音楽 CD もだめっぽい。

そんなわけで、つぎは映画だ。

ぼくの映画の好み、たぶんかなりベタで、『羊たちの沈黙』とか、『ダークナイト』とかウォシャウスキー兄弟監督の『マトリックス』とか井筒監督の『パッチギ!』とか、『TAXi2』とか、ジャッキー・チェンの映画とか『エイリアン』とか、アニメだと宮﨑駿監督の映画とか、細田守監督の映画とか、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』とか好き。

だけど、そういう有名すぎるのすすめてもいまさらかなあと思うので、これらは除こう。

市民ケーン』とか『フランケンシュタイン』とか、古典的名作すぎるのも除こう。

以下で紹介する映画はぜんぶおもしろいので、できればどれか買ってください。

レビュー・感想

メランコリア

メランコリア [DVD]

メランコリア [DVD]

ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督。

うつ病患者の見る世界を”黒犬”で表現した動画が話題に 患者から「驚くほど的確」の声|ウートピ のような記事もあるけど、メンヘラの気持ちを理解したければメランコリアを見るべきだ。

主人公ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は重度の抑うつ状態で、序盤意味もなく自暴自棄的に周囲を不快にさせる行動を繰り返す。

中盤、ジャスティンの抑うつ状態はさらに進行し、好きだった食べ物も味がしない、歩くのも立ち上がるのも風呂に入るのも満足にできなくなる。

しかし、世界滅亡が近づくにつれ、彼女は次第に元気になっていく。

そして世界の終わりはとにかく甘美。バラードの結晶世界のよう。

f:id:abrahamcow:20141105170026j:plain
http://takashun.doorblog.jp/archives/106243.html

結晶世界 (創元SF文庫)

結晶世界 (創元SF文庫)

マルチュク青春通り

マルチュク青春通り [Blu-ray]

マルチュク青春通り [Blu-ray]

もともと優等生だった子が、荒れた学校に転校してきて成績もガタ落ち、仲良くなった女の子も不良にとられ、いいことなし。

描かれる不良のケンカには爽快感がまったくない。
復讐と復讐が繰り返され、暴力は非日常のアクションじゃなくて、日常のなかにある嫌なものに過ぎない。

だがそんなある日、主人公はブルース・リーに出会う! ヌンチャクぶんまわして不良どもぶちのめすぞ! 窓ガラス割るぞ! 学校くそくらえ! っていうあらすじ。

これ、おれじゃん。おれのためにつくられた映画だろこれ。

高校の中に軍人(?)みたいな人が駐在してて、「俺がベトナムで何人殺したか知ってるか!」とか生徒に怒鳴る場面が印象に残っていて、やっぱり抑圧と権力との闘争みたいのがないと優れた物語芸術って生まれないのかなーとか思ったよ。

ちなみに公開時は韓流ブームで、妙齢の女性たちに囲まれて見た。

映画館ではシャンプー&トリートメントの試供品をくれた。

女性たちは「意外と重いっちゃ重い映画だったね」と感想を言い合っていた。

あとエンディング曲が久石譲みたいな曲で韓国語でラップしてて、すげーアブストラクトなヒップホップだな、と思った記憶ある。

バンジージャンプする

これはネタバレ抜きでみたほうがおもしろいと思うのであらすじは紹介しない。

先のマルチュク青春通りもそうだけど、韓国映画は「運命」みたいなものにすごくこだわって作られているように思う。

おなじモチーフが繰り返しあらわれ、因果律を描き出す。

これも公開時は韓流ブームで、イ・ビョンホン目当てに来た女性たちは上映後途方にくれてたよ。

スーパー!

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]

スーパー! スペシャル・エディション [DVD]

スーパー! スペシャル・エディション [DVD]

すごいやさしい感じでよかった。

ラルジャン

ラルジャン [DVD]

ラルジャン [DVD]

カフカじゃなくてカミュの不条理。

CUT

CUT [DVD]

CUT [DVD]

CUT

CUT

とにかく西島秀俊がボコボコ殴られ、殴られるたびにセクシーになっていってやばかった。
腹筋とかすごいセクシーでやばかった。

上映期間中監督がずっと映画館に居座っててパンフレットにサインもらった。f:id:abrahamcow:20141105185010j:plain

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき [DVD]

ミツバチのささやき [DVD]

まあこれも古典的名作なんだけど、好きなので。
ロードショーが来て「映画の缶詰だ」って子供が駆け寄ってくるところとか、ぼくは経験ないのになんでこんなにノスタルジックなんだろう。

同じ監督の『エル・スール』は退屈だった。

先生を流産させる会

先生を流産させる会 [DVD]

先生を流産させる会 [DVD]

先生を流産させる会 [Blu-ray]

先生を流産させる会 [Blu-ray]

ミソジニスティックな映画ってことで批判されて話題になってたけど、もうそろそろそういう話題ぬきでふつうに映画として楽しめるんじゃないでしょうか。

この映画に父親はほとんど出てこなくて、登場する男の先生は右往左往してたり責任逃れようとしてたりするだけ。

ミソジニーっていうよりこの「父親」不在感が監督の自己認識の反映なんじゃないでしょうか。

映画館出たとき「うーん。あまりにも現実ばなれしてて〜」とか感想を言い合ってるカップルがいたけど、ぼくにとってはこの映画の悪意や暴力はすごくリアルだった。

見てる間、中学校の教室の匂いが立ち込めてきた。

サワコ先生が聖人君子じゃなくて、だからこそ時折みせる毅然とした態度がかっこいい。

あと音楽かっこいい。

あーでもラストのとある女の子(主人公のミヅキじゃないよ)の母親からの自立はちょっと唐突に感じたな。

インセプション

インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

寝てても三半規管は起きてるっていう設定が意外と最後まで使われてて、壁とか天井とか歩きながらピストルパンパン撃ったりしてておもしろかった。

同じ監督のダークナイト、おもしろいけど最初のほうの香港のエピソードいるか? とか、あの終わり方説教くさくない? とかあって完成度はインセプションのほうが高いと思う。

でも、ダークナイトも最初からずっとテンション高くておもしろいのでおすすめです。

あと、『メメント』もおもしろかった。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

落書きアーティストのバンクシーが監督した「バンクシーのドキュメンタリーを撮ろうとした男」のドキュメンタリー、というあらすじを聞くとひねくれた変にアートくさいゆる~い映画みたいに思われるかもしれないけど、構成とかすごい王道でちゃんとしてる。

ある種の黄金期、青春時代の始まりと終わりみたいな切なさがある。

あとオープニング曲がいいよなー。この古くさい感じ。

これ、映画に引用されることで "Tonight The Streets Are Ours"(今夜、街はぼくたちのもの)というフレーズの意味が変わっちゃうんだよね。そういう文脈の読み替えっていうツイストがいかにもバンクシーらしい。

サウダーヂ

あれ DVD 出てないの?

この曲はMMMのバースがやばい。

我が手から生まれる森羅万象 一筆で連れてく山の頂上
陸海空表現は無制限 ただ信頼こそ取引条件
つっぱねた手も握り返すコネクション 手札さばく千手観音
つまりどのくじ引いても外れ無し 俺は自ら従えたパトロン
拡張するファミリーのパビリオン サクセスには一族の団結が肝
眠たいビジョンは見たくないだろ 苦味噛み潰し得る全知全能
のしてくためには避けれん抗争 殺生協調筋通す言動
錆びつく町に油差す手仕事 名誉と誇りにて満たす懐

『地方行政 奪う街の個性』

いまを描いた映画だと思う。

シーンとショットのかっこよさはすごい。
MDMA食わされて見る夏祭りの提灯とか、商店街みおろすとことか、あの頃はよかった的な粒子の荒い映像で映る暴走族とか、U4K(田我流)君の表情とか。

日本語ラップがこれほど効果的に使われた映画、他にあるかな。

(でもラストはちょっと不満なんだ。逮捕されたって人生は終わらない。「日常」は死ぬまでずっと続くはずだ。)

サイタマノラッパー


ハイテンション

ハイテンション [DVD]

ハイテンション [DVD]

はじまって10分くらいで殺人鬼が来てひたすら血みどろスプラッターホラー。
ちょっとイントロがあってあとサビだけみたいな映画。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]

押井守の作家性がはじめて爆発した映画、とのことですが、正直これが押井守の最高傑作だと思う。

「はいはいどうせ『うる星やつら』でしょ」って期待を裏切るおもしろさ、お約束を破る快感があるからおもしろいんじゃないかなあ。

「よし押井守の映画をみるぞ!」って思って押井守の映画を見ると、どこを切っても押井守が出てくる。

伏 鉄砲娘の捕物帳

伏 鉄砲娘の捕物帳 DVD限定版

伏 鉄砲娘の捕物帳 DVD限定版

伏 鉄砲娘の捕物帳 Blu-ray

伏 鉄砲娘の捕物帳 Blu-ray

なんかおもしろかった記憶あるけどあんまり思い出せない。

これはじめて T さんと二人だけで遊んだ時にみた映画で、これ見た後駅のホームで告白して一ヶ月後にふられた。

マシニスト

マシニスト [DVD]

マシニスト [DVD]

クリスチャン・ベールがめちゃくちゃやせたことで有名なあれです。

マクガフィンで興味を引っ張る工夫はあちこちに見られるけど、それよりも印象に残るのは画面の色と、工場の音だ。

ずっと灰色っぽかった画面が最後に白くなる。たったそれだけのことがストーリーとして成立するのだ。

あと遊園地のお化け屋敷のシーンが好きで、鬼太郎の『ゆうれい電車』、バットマンの『キリングジョーク』と『マシニスト』はぼくのなかで世界三大ゴースト・トレインなのだ。

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

ルナシー

ヤン・シュヴァンクマイエル「ルナシー」 [DVD]

ヤン・シュヴァンクマイエル「ルナシー」 [DVD]

これのストーリーはエドガー・アラン・ポーからの系譜につらなる、超王道ミステリーだとおもうんだけどどうでしょう。
画面がぜんぶ作りこまれてるので全部の画面から目が離せない。

ところでシュヴァンクマイエルの肩書き、「チェコシュルレアリスト」ってかっこいいですね。

職業:シュルレアリスト

ヤン・シュヴァンクマイエル - Wikipedia

CURE

CURE キュア [DVD]

CURE キュア [DVD]

殺人事件の描き方が淡々としててワルツのリズムで撲殺。

テーマ的に「現代人の心の闇」(っていうと安っぽくなっちゃうけど)みたいなものを描いてるのに、徹頭徹尾サスペンス娯楽映画として成立していて、すごく頭のいい人がつくった映画だなーと感じた。

ストロベリーショートケイクス

ストロベリーショートケイクス [DVD]

ストロベリーショートケイクス [DVD]

女の人の裸とかいっぱい映っててよかった。

ベティ・サイズモア

昼メロに狂った主婦が自分をテレビドラマの登場人物だと思い込んでそのままスターになる話。

主演の人のかわいいんだけど垢抜けない感じとか、目の泳ぎ方とかが本当にちょっといっちゃった人に見える。

ダーティファイター

ダーティファイター [Blu-ray]

ダーティファイター [Blu-ray]

ダーティファイター [DVD]

ダーティファイター [DVD]

クリント・イーストウッドオランウータンを飼ってる。

最近ぜんぜん映画みてない

集中力とかがなくなっちゃってて、同じ場所にずっと拘束されるのが苦痛で、映画もテレビもみれない。

映画館に行ってお金払って暗いところに座れば、強制的に拘束されるから見れるのかもしれないけど、外に出るのだるい。

ラジオとかは、なんかしながら聞けるので聞ける。