image 関数で行列を可視化(ヒートマップ、色付きテーブル)

マイブーム 最近ぼくのなかでヒートマップ(色付きテーブル)が再評価されている。人間の目は色を量的に把握することができないので、折れ線グラフや棒グラフで済む場合はそちらのほうが優れていると思っている。図示の目的を「探索」、「説明」の2つに分けるとするとヒートマップは以下のようなメリットがあると考えた。…