読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廿TT

譬如水怙牛過窓櫺 頭角四蹄都過了 因甚麼尾巴過不得

[dlm]状態空間モデルでトレンドと広告の効果を分離して推定する

はじめに Stanで統計モデリングを学ぶ(7): 時系列の「トレンド」を目視ではなくきちんと統計的に推定する - 東京で働くデータサイエンティストのブログ をみてください。上記事では Stan で状態空間モデルを推定しているので、ここでは R の dlm パッケージ…

Nerlove-Arrow の広告−販売モデル

モデル Nerlove と Arrow(読み方はネルロフとアロウでいいのかな?)が提案したらしい広告に対する市場の販売のモデルというのがあり、これは以下の通り教科書に出てくる「一階線形常微分方程式」そのものの形をしている。 A(t) が時刻 t での売上 q(t) が…

A/Bテストをくり返すために知っておきたい標本の大きさと多重比較の話

『部長、その勘はズレてます!』を読んだ Ptengineから届いたメルマガで『A/Bテストの本としては、間違いなく必読書。』とされていたので、『部長、その勘はズレてます!「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる 』という本…

リスティング広告出稿用のキーワード掛け合わせを R でかんたんに作れる関数を書いた

はじめに このエントリは実務マーケターの方に統計ソフト R を使ってもらう目的で書きました。マーケジンでも R に関する連載やってたし(実践!WebマーケターのためのR入門一覧:MarkeZine(マーケジン))、エンジニアとかアナリストとかじゃないふつうのW…

A/Bテスト、多変量テストのための「効果量」入門

本エントリの主張 A/Bテスト、多変量テストの施策判断のためには、 まず第一に棒グラフ 二番目にその信頼区間 必要に応じて、大まかな目安として「効果量」 を出すべきだ。あとこの文章は数学的な予備知識のない方にも読んで頂けるよう努力して書いてます。…

二元配置直交表:リスティング広告のTDとLPをマッチさせるA/Bテストのために

本記事の主張 今現在実務で行われている「A/Bテスト」は統計的仮説検定の意味ではない。統計ソフトを使えば仮説検定自体は簡単に行えるが、「A/Bテスト」の施策判断に仮説検定は不向きである。もうテストって言葉使うのやめたほうがいいんじゃないだろうか、…

ロジックツリーにご用心。MECEから排反へ。

本記事の要約 コンサルティング業界でよく使われているロジックツリーはMECE(ミーシー)という語の定義が曖昧である。なので本記事では、ミーシーを高校数学 A で習う排反で代替する。あと最後にロジックツリーみたいな図を簡単に描画できる Graphviz とい…

ランダムと均等の違い:リスティング広告のA/Bテストのために

仮説検定と実験計画は深い関連があります。医学薬学分野では、薬の有効性をきちんとテストするために、慎重に標本をランダム化しています。ランダム化比較試験 - Wikipedia秋山仁は「ランダム抽出」を「みそ汁の味見」にたとえていました。 Q:「統計学では…

広告クリエイティブ、ランディングページ、レコメンデーション等々についての雑感

本エントリの趣旨 ぼくはもともとインターネットとか好きで、以前ネット広告代理店に務めていて、Web解析とかやってた。それでいろいろ調べたりしてて気になったこととかあるので、ここで吐き出させていただく。統計的な考察とか評論とか、技術的ななにかと…

ブログを収益化することの社会・経済的意義

ぼくは山形浩生を最大級にリスペクトしてる。 15才くらいのときにたまたまレッシグのコードを読んで山形浩生に出会った。CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー作者: ローレンスレッシグ,山形浩生,柏木亮二出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2001/03/…

はてなブログにGoogle AdSense広告を貼ってみた

序文 『ブレードランナー』が公開されたのは、私が高校生のときだった。(中略) なぜこれがショッキングだというのか? それは、このときはじめて未来にも「広告」があるのではないかと、へたをしたら、未来には現在より広告が増えているのではないかと示唆…

はてなブログの広告

広告消えるのかな、と思ってバツ押すと ↓ポップアップでこれでる。 めっちゃ神経逆なでされてる感じなのでやめてほしい。広告モデル死ねばいいと思うんだけど代替がないので困るよな。ニュースにガチャつけよう— トデス子 (@todesking) December 23, 2012